• ホーム
  •  > 
  • 診療・検査について
  •  > 
  • 人間ドック・健診

人間ドック・健診

写真 写真

Dクリニックの予防医療

近年、医学の進歩は日進月歩に果たされているとはいえ、コントロールできない不治の病や突然死がいまだ根絶できていないのは周知のとおりです。ただし多くの病気に対してその早期発見につながる手法が確立されてきています。なんら症状を認めない時期に、適切な検査を、然るべき医療スタッフのもとで、定期的に受けることが重要です。それによって、予防しうる、もしくは予期せぬ死を、招来させないことが可能になるのです。

ガンは、罹患率・死亡率ともに増加傾向

診断治療レベルが上がってきているにも拘らず、大腸(結腸と直腸)、乳房、肺、そして肝臓などのガンは、罹患率・死亡率ともに増加傾向にあります。
医学の進歩により寿命が延びてガンが発生する機会が増えてしまったことと、医療レベルが上がったことでガンの発見・診断が確実になったことがその原因と言えます。
すなわち、医療水準が上がった結果、逆説的にガンが増えてしまった構図が指摘できます。ただし、生活習慣の変化、欧米化により実際に発生頻度が増えたガンもあります。例えば、大腸ガンなどはその典型と言えるでしょう。

ガンと並んで死因の大部分を占める心血管障害・脳卒中

これらガンと並んで死因の大部分を占める心血管障害・脳卒中は、依然治療に難渋している疾患群ですが、前述のごとく適切な環境で検査を受けていただくことにより、早期発見が可能となります。すなわち発症を予防ないしは疾患を根治せしめることができるのです。

健康が維持され、快適に日常生活が送れるために

当クリニックには、ガンセンターや東京大学医学部附属病院で修練を積んだ、脳外科・循環器内科・消化器内科・血管外科 の各専門医が配備されており、ガン・心血管障害・脳卒中など死因の大部分を占める疾患の早期発見に全力を注いでおります。 皆様の健康が維持され、快適に日常生活が送れるためのチェック機関として当クリニックをご利用いただければ幸いでございます。

院長 阿保義久

人間ドックプランplan

ボタン

ボタン

死因の上位3つを占めるガン・心臓病・脳卒中の予防・早期発見を目的に行います。 北青山Dクリニックの総合ドックは、「人間ドックを受けたにも拘らず命に関わる疾患の発見ができなかった」という事態を発生させないことを目的としています。よって、総合ドックは、病気の早期発見に必要十分であるような検査項目が選択されています。また、検査と診断は、豊富な専門医が担当しており、高い精度のドックとなっています。

ボタン

ボタン

正常細胞の「ガン化」に関与する遺伝子の変異を調べ、画像診断では発見不可能な分子レベルの微細な「ガン細胞」を検出し、ガンの超早期発見を目的とします。また、目に見えない「ガンリスク」を顕在化し、「ガン予防」、「ガン再発防止」のための新たな指標を提供します。

ボタン

ボタン

生活習慣病の発症は、複数の要因からなり、環境要因(生活習慣、外部環境)は、30~80%影響すると考えられています。また、現在の健康状態には過去10年間の生活習慣が大きく影響しています。従って、健康の維持増進、生活習慣病の予防のために、生活習慣の見直しが必要です。

ボタン

ボタン

胃ガン・大腸ガン・肝臓ガン・膵臓ガン・胆のうガンなどの各消化器ガンや肺ガン・前立腺ガンの早期発見を主眼に必要十分な検査を提供いたします。

ボタン

ボタン

食生活などの生活習慣が欧米化するに伴い、動脈硬化を煩われる方は年々多くなっています。動脈硬化が進んでしまうと、心筋梗塞や脳卒中などにもなりやすくなります。そして、いわゆる『突然死』の原因になるのは、殆ど全て動脈硬化に起因する血管病なのです。動脈硬化は、病気が発症する前に防ぐことがもっとも必要な疾患といえます。

ボタン

ボタン

現代社会において、心血管病はガンと並んで成人の主たる死因のひとつとなっています。 とりわけ『心筋梗塞』、『狭心症』といった、『虚血性心疾患』と呼ばれる病気は、生命を脅かす危険性が高くなります。よって、『虚血性心疾患』は、その予防や早期発見・治療が重要となります。

ボタン

ボタン

医療技術がめざましい進歩・発展をとげている現代においても、三大成人病の一つである脳卒中は、依然として治療困難な疾患の一つとしてあげられています。毎年、多くの方々がこの病気で命を落とし、運良く助かってもその後遺症に悩まされています。

ボタン

ボタン

Dクリニックの婦人科で診察の対象となる主な病気は、膣炎、子宮筋腫、性感染症(カンジタ性膣炎・クラミジア感染症)、子宮ガン、子宮内膜症、卵巣腫瘍、月経異常、月経困難症、不妊症 などです。

ボタン

ボタン

乳ガンとは、かつて日本では少ない疾患でしたが、生活様式の変化に伴い、最近急増し、現在では年間、約3万人の女性がかかっています。これはじつに、1970年の約3倍の数字です。乳ガンによる死亡率も増加傾向にあり、現時点では、胃ガン、大腸ガン、肺ガンについで4位となっているのです。

ボタン

ボタン

アンチエイジング(抗加齢)医療とは、精神的・肉体的にいつまでも健康で若々しくありたいという人類の願望をかなえるべく科学的なアプローチによって確立された手法です。一方で、加齢に抗することは、予防医学的見地から疾患の発生を起こりにくくするという点で極めて重要な療法ともいえます。

ボタン

ボタン

「物忘れ」という現象は、お年をめされた方に限ったことではありません。原因や程度は様々ですが、若年者から高齢者まで多くの方々が「物忘れ」を自覚し、日常生活や将来について不安を抱えています。

ボタン

ボタン

メディカルスキャニング(渋谷・新宿・池袋・お茶の水)と提携して、全身のCT・MRI検査を施行する検査プランをご用意しています。D.CLINICの総合ドックとこのCT・MRIドックを組み合わせることで、現時点で施行しうる人間ドックとしては、精度の点でこれ以上のない必要十分なものとなります。長い待ち時間や宿泊などの無駄な時間を要することなく、必要十分な検査を効率的に行うことができます。

お電話でのご予約・ご相談
メールでのご予約・ご相談

診療のご予約

お問い合わせ

このページの先頭へ

_